休日

今日はいい天気です。

部屋の掃除をしようかな。洗濯機回そうかな。
ドライブに行こうかな。買い物行こうかな。本も読みたいな。
どうしようかな…


e0251903_10453822.jpg



あれもこれも、やりたい事がたくさん。

でも、何をしてもガラスからは離れないんだろうな。

幸せです。ありがとうございます。



[PR]
# by shunji-sasaki | 2017-05-14 10:54

選挙に行きましょう。

今日、選挙に行った。

今まではテレビやネットで騒いでいるのを、まるで人ごとのように見ていただけだった。

どうせ自分の一票なんて、どうせ金で動いてる世界の話しだし、
どうせ結果なんて決まっていて、どうせ何にも変わりゃしない、
どうせ自分の生活がよくなる訳でもなく、どうせ世界中の戦争が無くなる訳でもない、

どうせ…どうせ…くだらねー、勝手にしやがれだぜ。

だから、選挙にも行かない。どうせ行っても無駄だから。


そう思って生きて来た。


e0251903_11142935.jpg




でも、もしみんながそんな考えなら、
この日本はとっくの昔になくなっていたと思う。

無責任大国として。無くなっていたな。どっかの国になっていたな。

でも、なくならなかった。

日本独自の、言葉も含めた「文化」があったからだ。と思う。

それを守り続けて来たのだ。日本の「誇り」として。
それを他の国も、日本の「自尊心」だとして奪わなかった。
チャンスはいくらでもあっただろうに。

ならば日本は日本でないと、守って来てくれた人たちや、
認めて見守って来てくれた人たちに対して、大変な不義理を働いた事になる。

そう思うと、今までは無責任な考えだった。と思う。

文句ばっかり言って、攻めるばかり。
じゃあ、あなたはどう思うのか?そう言われたら、
「いや、興味ないし」「知らねーよ」「どうでもいい」と言っていた。

それは、全く自分の意見としての責任がないのだ。
自分勝手なことばかり言って、責任を求めたら責任放棄。

でも、これからの日本になんかあっても、

お前らのせいで、オレの生活めちゃくちゃだよ!
どうしてくれんだよ!ふざけんなよ!

責任取れよ!!

と、言っても、ダメだよね。
だって責任放棄して来たもの。これまで。
こっちだって、知りませんよ。となるよ。


なので、選挙にはちゃんと行きましょう。
意見を持って生活しましょう。
じゃ無いと、何もかも、無くなってしまう。


という、今回のブログ。


選挙、行きましょう。今日で日本が変わるかもしれませんよ。でした。
[PR]
# by shunji-sasaki | 2016-07-10 11:49

フランスから戻って来ました!という内容のブログを書こうと思い立つも、
なんやかんやと時間が過ぎて行き、気がつけば今日になっていました。

前回のブログでは、戻って来たらまた報告します!なんて事を宣言していたにも関わらず、
結局報告も何もせぬまま現在に至り、本当に申し訳なく思っています。

テロには合わず、無事に帰って来れた事は確実です。

フランスでの事は、また追々ご報告…と言う事で…すみません……

e0251903_10545953.jpg


今回は「新年度スタート」ということで、今現在の近況について書いていこうと思っています。

わたくし佐々木俊仁ですが、2009年から7年間お世話になった「富山ガラス工房」を離れ、
この度新しく「富山ガラス造形研究所」の助手としてお仕事を始めさせていただく事になりました。

昨日が新年度のスタート日でした。何が出来るのかは今のところ正直わからないですが、
この7年間、自分なりに「富山のガラス」というものをみてきました。その経験を活かし、
これからの富山のガラスの一助になればと思っています。



富山ガラス工房では、これまで沢山の経験をしてきました。

初めての仕事でこだわり過ぎ、先輩に夜中までつきあってもらった事。
こだわりすぎて下手なクセにロスを連発し、納得いかない!と、早朝4時頃まで作業していた事。
そうして朝まで作った作品を、提出直前に落として割ってしまい、絶叫した朝6時。
検品ではねられ、逆切れした日々。
先輩にナメた事を言い、けんかした事。
朝から朝まで休み無く働き、顔がクロくなった事。

沖縄に行って、お前はガラス中毒者だ。沖縄に来たなら、海に行って遊んでこい!と言われ、
ガラスから少し離れたら、制作についての考え方が変わった事。

交流、出会い、また交流。
そこで生まれる繋がり。暖かい希望。目標。夢。

先の見えない不安に、なんだかんだと言い訳ばかりして来た日々。
不安で壁を作り、攻撃されないように逃げて来た日々。自分の作品に悩んだ日々。
自分の立ち位置がわからなくなり、現実逃避をし、人を裏切り、悲しませた事。
もうこんな思いは、他の人にはさせるなと言ってくれた人たちがいたのに、
繰り返してしまった過ち。人の目を気にして生活する日々。

嘘で固めた表情。大きく育つ嘘の木。次々に生まれる嘘の実。

自分不信。

そんな自分に手を差し出してくれる人の存在。
その人達の偉大さ、寛容さに憧れる日々。
何度も期待を裏切る自分に、差し伸べてくれる手。活を入れてくてる存在。
優しく背中を押してくれる言葉。
たまに言われる、厳しい言葉。お前は何者なのだ?と。
気づかされる自分の小ささ。くだらない自尊心。目を背けて来た毎日に、
立ち向かえと勇気をくれる存在。

気づかされる、本当に大切なもの。

自分の周りにある点を、ガラスを通して繋いでいく。
見えてくる線。線の先にある光。
線が繋がって、円になり、それが転がり始めた時、
初めて自分の人生が進み始める。

裏切りによって切れる線。離れていく点もある。
でもそれはいつも自分次第。

と、気づかせてくれた人たち。


自分がかわいくて仕方なかった。
人には立派に、偉そうに攻撃するくせに、逆にそれをさせたらしっぽを丸めてすぐ逃げだす。

もうやめよう。逃げるのは。裏切るのは。


これまで富山での7年間、ガラスを通じて出会った皆さん。

沢山のご縁を、本当にありがとうございました。
こんな形でご報告となった事、申し訳ありませんでした。

そして、これからも何卒、よろしくお願い申し上げます!!

*富山ガラス造形研究所は、富山ガラス工房の隣にあります。いつでもお声かけください!
[PR]
# by shunji-sasaki | 2016-04-02 12:13

フランスへ


12月だというのに、そんなに寒くもなく、雪もなく、せっかくタイヤ交換したがに…
なんて方も多いかなと思います。富山の冬は何処へ行ったのでしょうか。




この冬、そんな富山から旅立ち、私はフランスに行ってきます。



12月18日〜来年の1月6日のまでの三週間です。
研修で行ってきます。フランスの初日の出を見てきます。



このフランス行きが決まって早々にパリでテロがあり、数日間悩みました。



やめたら?なんて本当に心配してくださった方や、
この機会だから行ってこられ〜という意見もありました。

結局、自分はどうしたいのかと…。無茶でも行きたいと思いました。
テロがあったそれを見に行くのではないのです。関係ありません。
目の前にあるその世界に飛び込み、自分を燃やしたい。
とにかく一歩でも先にある「何か」をつかみたい。という気持ちからです。

昨日、母親に電話でその事を話したら、
「なんか、ウチの人(佐々木家)って、変な人多いね〜」と。笑

心配してくれているのも雰囲気で伝わってきましたが、
最後には気をつけて行ってこいよと、この変な人にOKをくれました。

その他、心配してくださった方々、すみません。ありがとうございます。
協力してくださった方。すみません。ありがとうございます。


こんな自分勝手な自分を許してくれて、ありがとうございます。


しばらく連絡が取りにくくなります。電話には出れません。
LINEや、FacebookのWessengerからの連絡は取れます。
ヤフーメールも大丈夫です。

ご迷惑をお掛けしますが、何卒、よろしくお願い致します。


帰って来たら、また報告します。



佐々木 俊仁


e0251903_14294226.jpg

[PR]
# by shunji-sasaki | 2015-12-15 14:34

秋と本とロッケンロール

e0251903_1925236.jpg


秋。

なんてこった…。気がつけば10月。気がつけばもう20日。
よくよく考えたら、あと二ヶ月で今年もおしまい。

どたばたと過ぎ去った夏にさよならも言わず、
こんにちはをする間もなく始まっていた秋なのに、
いつの間にかこんなに深く秋になっていた事に気がついた今日この頃。

このトシになり、急に時間というものがどれほど大事なものか気がつかされながらも、
夏に抜けていったものはなかなか戻らず…。今はただひたすらに本を読みあさっております。

e0251903_19383427.jpg


寒い冬を乗り切り、春がきたらばまた新しい生活の始まり…
マジで寒くなって来ちゃったし、あぁ〜豚汁食いてぇなぁ〜。
なんて、ちょとおセンチな私。



いや、まてよ。そうじゃないぞ…

そうか!芸術の秋の意味って、そういうことか!

秋にいろいろなモノを蓄える。冬にはそれらを熟考し。春になって動きだす。
夏になる頃には昨年の秋に蓄えたものを爆発させ、その一年の自分自身を燃焼させる。


そしてまた秋に…。



そうだ。いいのだ。これで。今は充電期間なのだ。

だからこんなに毎日本を読みあさっているのだ。

何冊読んだのだろうか。読んでいる間は自分自信との対話の毎日。
現実逃避かと自分を疑っていたが、そうではない。これで正しいのだ。

そうしたら、とことんやってやろうじゃないか!!
そうしたら、また新しい世界に行ける!!

活字ってそもそもそういう意味か!?
なるほどな!楽しくなって来ちゃったぞ!!


という、この秋に改めて感じた読書の素晴らしさとその他もろもろ、についての記録。


ガラスについてはまた今度。豚汁食ってからね!ヨロシク!ロッケンロール!
[PR]
# by shunji-sasaki | 2015-10-20 20:14